葬儀の常識 - 通夜のマナー

お通夜の前に確認しておきたい葬儀のポイント

お通夜の前に確認しておきたい葬儀のポイントの写真

葬儀が始まる前に、喪主としてとても大切な仕事があります。それは、会葬礼状に書かれている名前に間違いや漏れがないかを確認する仕事です。姓名判断や喪主の名前、故人の名前に間違いがある場合もありますので、早めに確認をしてください。間違いが早く見つかれば、お通夜が終わる頃には刷り直すことができます。もう一つ確認しておきたいのは、供物や花の札に書かれている名前に間違いがないかということです。献花の名前に間違いがあると大変失礼にあたりますので、間違いのないようにお願いします。また、お花をお願いしていても、会場に飾られないこともあります。せっかくの心遣いにがっかりしないためにも、喪主は葬儀社に預けずに供物リストを確認するようにしましょう。また、供花や供物を置く順番も重要です。祭壇に近いものから親族順に並べるとよい。

受付は通夜開始の約30分前から開始し、喪主は事前に受付係を決めて電話をかけておきます。通夜の受付は、弔問客の名前の確認や香典の受け渡しなど、とても重要な役割を担っています。受付係は、近所の人、友人、遠縁の人などに依頼するのが一般的です。その際、弔問客からの挨拶に応じることが求められる。